Life百科

中国在住です。海外に関する情報や生活豆知識などの雑記ブログです

PMS 月経前症候群の女性とどのように向き合うか 3つのポイント

f:id:trainrando:20190708183345p:plain

 

 

皆さんPMS症候群っての聞いたことがありますか?

日本語では月経前症候群といいます。これは女性の月経症状がが普通の人と比べて重い人の事を指します。



女性なら誰しも月経前は情緒不安定になったり、少し神経質になったりするかもしれません。

ですがこのPMSの症状はとてもきついものとなります。

例えば些細な事で激怒したり、泣き出したり、ときには自殺をしたいと思うほど深刻な状況になります。現にこの症状の為に幸せな関係が築けないカップルは数多くいるそうです。

月経前症候群の症状を訴える女性はおよそ10%いるそうです。

そしてこのPMSに関係があるとされている症状は150以上も上回ります。ほとんどは30代の女性が経験するそうです。私の妻は20代ですがPMSに苦しんでいます。

 

月経時に女性はどうなっているの?


">この症状はエストロゲンとプロゲステロンと言うホルモンのバランスが崩れるためであると言われています。

エストロゲンの量が多くなると多くの女性はイライラするそうです。

一方プロゲステロンの方が優位になると憂鬱になったり酷を感じたりするようです。

ですから毎月女性はこのようにホルモン同士の戦いが勃発しているといえます。


この症状をよく理解していないと夫婦喧嘩が勃発して、ときには離婚問題まで発展するそうです。
また相手の愛が覚めてしまうと言う危機にも直面してしまいます。

 

 

 

f:id:trainrando:20190708183414p:plain



ではこのような症状を持つ女性とどのように接していくかポイントをご紹介します。

1つ目のポイント洞察力を持つと言うことです。毎月妻の生理日を手帳に記録しておきます、そして来月来る生理の大体2週間位前から相手に対して洞察するように心がけます。この心がけがとても大切です‼︎この心がけがないとついつい妻の一言でイライラしたりまた喧嘩に発展してしまうからです…
具体的には相手も大変なんだなと言う広い心を培う必要があります。


2つ目のポイントは生理の時期は特別なイベントは入れないと言うことです。
最初のうちは私も外食だったり旅行だったりデートなど企画をしていました。しかしこの企画こそが妻のストレスになってしまっていたのです。生理に加えてこの特別な企画が余計負担となっていました。


3つ目慣れると言うことです。私は女兄弟が2人いたので女性の生理について何となくわかっているつもりでしたが、これは全く違っていました。結婚したら妻のストレスは全て私に帰ってきます。ここが女兄弟と違うところです。
なのでまた今月もイライラしている。気にしない気にしないというある意味慣れる事が必要です。女性もこの生理期間中は特に、自分でも意図していない事を言ってしまうそうですす。なので早く慣れましょう。


 

f:id:trainrando:20190708183400j:plain



以上3つのポイントを紹介させていただきました。ではこれからも夫婦円満な日々をお過ごし下さい。