春よこーい diary

寂しがり屋の一人好きブログ。 中国生活/夫婦生活/旅行/健康/猫/グルメ/

やみつきになる辛さ。やめられない止まらない〜冒菜マオツァイ

 

 

皆さんは四川料理を食べたことがありますか?四川料理は唐辛子、山椒がふんだんに使われており食べると唇と舌がヒリヒリしてきます。

 

最近では日本でもちょっとした四川料理ブームだとか。池袋や横浜の中華街に行けば、美味しい中華料理を食べられるはずです。

しかしやはりここは本場。日本に旅行、留学している中国人に聞けば、やはり日本の四川料理は所詮日本人好みに味が変えられている。なので是非、ここ四川で本場の味を堪能されて下さい。

 

私はもともと辛いものが大の苦手で四川に来たばかりの時はほんとに苦労していました。しかし5年経った今、なんと週一回は辛いもの食べないとむしろ“食べたい‼︎”と言う欲求に駆られてしまいます。
軽い中毒状態です^^;
マーボードーフや回鍋肉、担担麺といった四川料理は皆さんも食べたことがあるのではないでしょうか?
では今日は特に私が大好きなそして四川に来たら必ず食べて欲しい四川料理店を紹介します。
 

冒菜マオツァイとは?

 
 
それは冒菜(マオツァイ)です。別名1人火鍋とも言われています。
赤いスープの中に、野菜、キノコ類、肉、海鮮等を一緒に煮込みます。
見た目は真っ赤で、辛いものが苦手な方にはかなりヘビーに映ると思いますが
食べてみると意外にも品のある味で、コクがあり癖になってしまいます。そしてご飯がすすむ!ビールが上手い!!!もういう事なしです。
 
中でも昭觉寺南路の地下鉄付近にある三顾冒菜(サングーマオツァイ)というお店は格別な味です。
 
 

f:id:trainrando:20190708232843j:plain

このお店はチェーン店なのですが、ここは本店らしく、他の店よりも美味しいです。
 
値段は2人で50元位。肉や麺や野菜やキノコなど入れてこの値段です。
 

注文の仕方

f:id:trainrando:20190708232647j:plain

f:id:trainrando:20190708232720j:plain

まず店に入ると食材がズラリと並んだゾーンがあります。そこで野菜や肉自分が食べたいものを選び、入り口付近に置いてあるボウルのようなものに入れます。ここで注意したいのは野菜は野菜、肉は肉のボウルを使うことです。一緒に入れてしまうと店員さんに怒られてしまいます💧
(肉と野菜類では値段が違うので別々に値段計算するためです)中でもオススメな具材は
粉条(フェンティアオ)という中国の春雨です。これは食感がモチモチしていて本当に美味しいです。
YouTubeなどでも流行っているアレです!
 

f:id:trainrando:20190708232801j:plain

 
 

場所

この店の近くには動物園やパンダ基地がありますなので観光に行った帰りにぜひこの店に立ち寄ってみて下さい。

百度地图

住所 四川省 成都市 洪山路18号12号 

 

えっ!?私のお買い物今まで損してたの!?