春よこーい diary

寂しがり屋の一人好きブログ。 中国生活/夫婦生活/旅行/健康/猫/グルメ/

女性心理学 コツを学んで更にジェントルマンに!?

f:id:trainrando:20190711074719j:plain

 

何故女性心理を学ぶ必要があるの?

どこでも仲の良いカップル、夫婦円満な様子を目にするとほのぼのした気分になります。

 

私もそんな夫婦を目指しているものの、やはり相手から怒られて凹む事があります。まだまだ女性の気持ちを理解できていないな、とつくづく反省しています。

今日はそんな私がよく陥ってしまう良くない癖から学んだ事をお伝えします。

それはズバリ、コミュケーションの方向性です。

 

一日の終わりに私達夫婦は会話をする時間を設けています。具体的には妻がその日の事を話し、私がそれを聞くというどこの家庭にでもあるごく一般的な風景です。

 

ですがここで、私はいつも、毎日大きな間違いをしていたのです。しかも30年以上女性を不愉快にさせるコミュニケーションをとっていました。。それが大きな間違いだとも気づかずに。

 

男性女性の脳の違い

f:id:trainrando:20190711075114j:plain

 

その間違いとは、ズバリ、話の解決策を述べる事です。男性脳の造りからこれは仕方のない事かもしれませんが、妻の会話のゴールを勝手に見定め頼まれてもいないのに解決策を提案していたのです。これはウザいですね。

逆に女性の心理的にはただ話しを聞いてほしいだけだったんです。

 

 

例えば、妻が今日〇〇ちゃんと話してこんな事言われた、私「そういう時は〇〇言えばいいんだよ」妻「・・・そ、そううだね。」

妻 「今日〇〇に買物に行ったら可愛いバックがあった」私「安いなら買えば?でもお金高いなら我慢しないとね」 妻「・・・そ、そうだね」

 

この会話を客観的に見てる皆様はこの会話のどこが悪いかすぐにお分りだと思います。これは非常にまずいですよね。完全に相手の話を膨らまさず、共感せず、ゴールしちゃってます。会話のキャッチボールを受け取って投げ返してないですよねー。しかもその投球に対して毎回アドバイスしてますよ。

これは相手からしたら相当ウザイですよね。

 

 

では実際にどう会話していれば良かったのでしょうか?

 

 

f:id:trainrando:20190711075327j:plain

 

「夫婦円満のための7つの原則」(英語)という本はこう述べています。「アドバイスの前に,まず理解が必要である。解決策を提案する前に,問題を十分に理解していること,悩みに共感していることを配偶者に伝える必要がある。妻は多くの場合,解決策を考え出してほしいとは少しも思っていない。ただ話を聞いてほしいだけなのだ」

 

 

そうです。相づちをうちながら話を聞けば良かったのです。共感してあげるだけで良かったんです。「『話を聞くだけでは意味がない』と思うこともありますが,妻が必要としているのはまさに話を聞いてもらうことなのです」。なので私は口を挟まず妻の話を聞くのが一番良いということが分かりました。

妻も私が話を聞いてると満足そうです。

 

f:id:trainrando:20190711075550j:plain

 

 

30代後半になって、女性心理を学んだ私は本当に遅いかもしれませんが、今後妻に、そして職場や交流の場でこの知識を生かしていきたいと思います。