春よこーい diary

寂しがり屋の一人好きブログ。 中国生活/夫婦生活/旅行/健康/猫/グルメ/

中国 黄龍 九塞溝の山でで邦人男性死にかける!?

f:id:trainrando:20190711153531j:plain

黄龍(ホアンロン)とは?

 
 四川省奥地にある山脈

区黄龍全体のうち約3.7kmの区間が風景区として整備されており、水の色は場所によって黄色、緑色、青色、茶色と様々に変化して見え、晴天時には日光と相まって金色に輝く。中でも黄龍最大の石灰華段「五彩池」、そして2番目の規模の色彩鮮やかな「争艶池」は必見。標高が高い上、高低差が大きいことから高山病に注意する。

 
 
九寨溝に行く人は、ほとんどの人が、黄龍に先に行き、その後に九寨溝に行くというコースが定番だ
 

 どうして死にかけたの?

 
その黄龍で私は死にかけた。そう高山病で。
私は四川の安い団体ツアーに申し込んだ。2泊3日バス、ホテル食事込みで、九寨溝(1日半)黄龍(1日)に行く。
初日は黄龍、メインの標高は3500メートル。そこに行くまでにバスで標高4000メートルの山道を運転手はクラクションを鳴らしながら、猛スピードで突っ走る。
 
 

高山病の症状はいかほど?

 
酔い止め、高山病対策の薬を飲んでいたが、ヤバい。もう気分が最悪。しかもこれもいけなかったのだが目的地に着くまで寝てしまった。なのでついた瞬間にまず、立ちくらみ。力が出ない。そして吐きけ。入り口まで並ぶのだが頭ふらふら。そのうち慣れるとバスガイドに言われたが、歩くのに息が辛い。そしてやっと入口についたがこれはさすがに歩けない。
 
 
石段を登れない。なのでロープウェイに乗った。そして頂上に着いた途端。もう歩けない。酸素マスクを買って吸ったら多少良かったが、もう限界だ。なのでせっかくのメインの池に行くまでに、私はバスに戻る事にした。しかしこの日は何故か異様に混んでいる。似たようなバスが山ほど駐車場に停まってる。が、なんとか30分くらい探し
ようやく辿り付き、外のトイレで吐きまくり。ダウン。幸い友人達が私の代わりに写真を撮ってきてくれたので
写真で景色を楽しめたが、これじゃ何の意味もない。ただトイレで吐いただけだ。
高山病がこんなに恐ろしく、しかもこれが中国の山奥でと。頭に何回もよぎりました。「邦人九寨溝で高山病が原因で死ぬ」と新聞の三面記事の片隅にぽつんと紹介されるネガティブな妄想を。
帰りの車中も常に吐き袋を持参しながら、やっとの思いで九寨溝付近のホテルに到着した。
 

高山病対策は?

 
 
ここがポイントですが、高山病対策の薬1週間前から毎日飲んでおくと、良かったみたいです。私は2日前から飲み始めました。山を完全にナメてました。海外旅行といえばビーチがメインだった私にとって完全な誤算です。
 

中国の格安バスツアーって実際どうなの?

 
そしてこの成都市発着のバスのツアー。きちんとしたツアーを選ばないと死にます。バスの運転目茶目茶荒いです。何故?と思うくらい山道でスピード出すし、1車線で平気で追い越しするし。この死にかけの運転で何分も時間短縮できないだろう、と私は思うのですが、運転手は必至です。クラクション鳴らしまくり。日本だったら完全に免許取り上げられるでしょう。生きた心地しないです。
 
 
 
 

さて中国のバスの話に戻りますが、 
バスの中では、バスガイドがいるのですが、彼に一人づつマイクを持たされ、無意味な自己紹介とかさせられるし(私は中国語話せないと言い張り、免除してもらいました)
そんなこんなで、始めて高山病にしかも中国の山奥で死にかけていました。
 
ちなみに友人が撮ってくれた写真はこちらです。綺麗ですね。

f:id:trainrando:20190711153714j:plain

f:id:trainrando:20190711153815j:plain

 
2日目に続く。。