春よこーい diary

寂しがり屋の一人好きブログ。 中国生活/夫婦生活/旅行/健康/猫/グルメ/

中国 黄龍 九塞溝の山でで邦人男性死にかける!?パート2

f:id:trainrando:20190711154849j:plain

九寨溝(きゅうさいこう)

 は石灰岩質の岷山山脈(びんざんさんみゃく)の中で、標高2000mから3400mに大小100以上の沼が連なるカルスト地形の淡水の湖水地帯である。1970年代に森林伐採の労働者によって(元々居住していたチベット人以外に)偶然に発見され、1992年に世界自然遺産に登録された。チベット人や他の少数民族の居住地としても知られており、「九寨溝」の名前の由来もチベット人の村(山寨)9つある谷ということから付けられた.

 

2日目の体調は?

前日の高山病しっかり残っています。ただ昨日ほどではないですが、常にお腹が気持ち悪い。吐きたいのに吐けない。そんな気持ち悪い状態の中観光。しかも昨日はもう目の前真っ白で死にかけてたので、気付きませんでいたがここは寒い、私が行ったのは10月。本当に寒い。助かった事に私が行った時はバスで各池まで周れました。
でも体力のある方は池から池を歩いて周ったらいい写真も撮れるし、きっと気持ちの良いトレッキングコースになると思います。
 
 

f:id:trainrando:20190711154934j:plain

九塞溝で昼食

 
ここでの昼食は私は水で食べれるカップラーメンを持参。売店もありますが異様に高いです。そして不味そう。でも売店のコーヒーはとても美味しかったです。
 

f:id:trainrando:20190711155012j:plain

トイレは?

 トイレは、並びます。そして汚い。紙がないところもある。ここは中国です。是非トイレットペーパーを持参して下さい。九塞溝内はトイレ個別ですが、バスが途中寄るインターのトイレはやばいです。ニーハオトイレです。
 
 

帰路はどうですか?

 
昨日よりは体調がいいのでここで写真をたくさん撮りました。
 その次の日はバスで現地を昼過ぎに出発し、帰り格安ツアーの為沢山お土産屋に連れて行かれ、家に着いたのは夜の23:00
 
過酷な旅でした。お金を出してなんでこんな経験をするんだろう?とも思いましたが、九寨溝の景色を見れたからよしとしなきゃですね。
 
 

旅の感想を一言

 
ではもう一度行きたいか?と聞かれると二度と行きません。未だに写真を見ると少し気持ち悪くなってきます。きっと富士山や他の標高の高い山が行きません。というか身体が拒否反応示しています。このブログを書いている時も吐き気が出てきました。恐るべし中国の高山病。
 
これから九寨溝ツアーを計画されてる方、是非高山病対策バッチリして行かれて下さい。
 
そして海外旅行に行く際は必ず、保険にはいっておきましょう。マジでなんかあってからでは遅い。クレジットカードによっては年会費無料で、海外保険が付帯されているのもあります。私はエポスカードを利用してますが、買い物もできて便利です。