Life百科

中国在住です。海外に関する情報や生活豆知識などの雑記ブログです

脱カフェインして体に起きた不思議な事。

 

 

 

 

f:id:trainrando:20190714022458j:plain

 

皆さんは、コーヒーがお好きですか?私も大のコーヒー好きです。

1日の始まりはコーヒーで始まり、午後ももう1杯、
そんな生活を15年送ってきました。
 

コーヒとは?

 
ある人はコーヒーについてこのように述べています。
コーヒーは,水のように,一息に飲むものではない,とコーヒー党は言います。食べた物を飲み込ますだけのものでもない。コーヒーは味わいながら飲むもの,つまり,舌でおもむろに味わいながら飲むべきだ,というわけです。多くの人は私どうように朝起きて,なによりもまずコーヒーを飲むことを,無上の楽しみとしています。食後に飲むのを好むひともいます。しかし,ほとんどの人は時を選ばず,好きなときに飲んでは楽しんでいます。コーヒーはまさに万人の飲み物といえます。
 
 

コーヒーの歴史

 

f:id:trainrando:20190714022659j:plain

飲み物としてのコーヒーの歴史は,約700年の昔にさかのぼりますが,競争相手のお茶の歴史にくらべれば,わずか半分にすぎません。それにしても,コーヒーのふるさとは,いったいどこなのでしょう。
 

伝説によるとこうです。
 
エチオピアのある羊飼いたちは,羊やヤギが,ある種の木の葉を食べると,夜いつまでも寝ないことに気づきました。そこで羊飼いたちはその木の葉と実の味をためしてみました。そしてついに,それらから刺激の強い飲料を作り出しました。
アラビアの商人と旅行者は,その植物をいくらかエチオピアから自国へ持ち帰りました。その植物は新しい環境の中でよく育ちました。こうしてアラビアに移住したことから,問題の植物は,「コフェア・アラビカ」という学名を得ました。アラビア人は200年のあいだ,コーヒーを極秘にしてきました。しかし,ついにこの植物も,他の人々の知るところとなり,17世紀の終わりごろには,オランダ人がすでにジャワ島で栽培しており,のちには南米北岸のスリナムでも栽培していました。
 

何故脱コーヒー?

 
そんなある日、友人から1言アドバイスをもらいました。
「コーヒーを1週間経つと、体内のカフェインが排出されて綺麗な身体になる。
その後コーヒーを飲むと、効きが抜群に良くなる」というものです。
 
そんなにいい方法があるんだ。早速試してみよう。と思い1週間続けようと軽い気持ちでチャレンジ。この軽い気持ちでチェレンジが後の私を苦しめました。
 

体に起きた不思議な症状

 
1日目 特になんの変化も無し。ただお昼過ぎから眠気が強く感じました。でもそれ以外はなんの変化もなし。
 
 
2日目 無性にコーヒーが飲みたい。ずっーとコーヒー飲んでましたから。習慣の力。カフェイン力恐るべし。午後の睡魔昨日よりがきついなと。
 これで大丈夫かなと思っていた夜、頭痛が出てきました。もともと偏頭痛持ちなのですが、この頭痛は頭に後ろが痛い。いつもの頭痛とは違う種類のものです。
 
 
3日目 頭痛がひどい。頭が重い。もうこの日の頭痛は半端ないです。痛いです。
   読者やパソコンをしようものならドックンドックン。仕事も無理です。
 なので、頭痛薬ロキソニンを飲みますが、効きがあまり良くなりません。
インタネット情報をみるといろんな頭痛薬にはカフェインの成分が入ってるとのこと。でも私が飲んだロキソニンは大丈夫でした。
 
 

f:id:trainrando:20190714022900g:plain

4日目。 この日の頭痛も凄い。仕事になりません。吐き気もあります。カフェインってこんなに身体に影響力あるんだと怖くなりました。なのでまたロキソニンを飲みます。
 でもロキソニンを飲んでもあまり効きません。普段の頭痛には1発なのに。
この日は幸い仕事休みなので、ほとんどベッドで過ごしました。
 
5日目。この日も頭痛があるものの、3、4日目ほどではありません。
カフェインについて調べると、カフェインは脳の血管を縮小させる働きがあるみたいです。その縮小されて癖がついた血管が、カフェインが抜ける度に太く元の血管に戻ります。この血管の動きが頭痛を引き起こしていたんです。
つまり私の脳は、大分カフェインにより脳の血管が細くなり過ぎていたという事です。
 
6日目 決意
この日に決意しました。大好きなコーヒーと決別しよう。いやもうすでにこの日にコーヒーを飲みたいという欲求から解放されていました。今まで頭痛でそれどころではなかったです。そしてもうコーヒーを飲まなくてもいいやという気分になりました。
 
7日目 
身体の軽さを感じる。 リラックスした気分に。この日にはまだ頭痛が残っていますが。それほど強いものではありません。かすかに頭痛があるなという程度。
そして今までコーヒーを飲んでリラックス効果を得ようとしていましたが、コーヒーなしでもリラックス出来る自分がいました。お湯で十分なんです。
 
 
 

f:id:trainrando:20190714023006p:plain

8日目以降〜1月
私の場合は少し頭痛が続きました。でも薬を飲むレベルではありません。少しの痛みです。そしてそれは1月前後続きました。
コーヒーへの欲求は、面白いほどありません。コーヒーの匂いがいいなと思う事はありますが、それだけです。自分が味わった頭痛と比べれば、そんなものいりません。
 
 

脱カフェインしたメリット

 
  1. まず身体が軽くなります。
  2. もともと胃が弱くお腹をすぐに壊していましたが、それが減りました。
  3. 夜快眠です。カフェインを抜くだけで、眠れないという日が格段に減りました。
  4. お金が浮きます。1日に2杯分外でそんだら缶コーヒーでも240円✖︎30日で7200円年間86400円。86400円あれば、近場の海外旅行、国内の高級旅館に泊まれちゃう金額です