春よこーい diary

寂しがり屋の一人好きブログ。 中国生活/夫婦生活/旅行/健康/猫/グルメ/

インド・バナラシは死ぬまでに1度は行くベシ!

 

 

 
 
 

インド・バナラシは人生観が変わる

 f:id:trainrando:20190722235457j:plain
みなさんは旅行に行った事がたくさんあると思います。私も旅行は大好き、非日常を味わえます。では自分の人生観ほども変える場所に旅行に行った事がありますか?
この問いに私は迷わずインドのバナラシという場所をあげます。バラナシはインド北部のウッタル プラデーシュ州にある都市です。
この都市は日本と180度違い、刺激的で、個性的で、尚且つ温かさと懐かしさを感じられる場所でした。
そして人生とは?という素朴で奥深い疑問にある意味答えてくれた場所でもあります。
ではバナラシとはいったいどんな場所でしょうか?
 
 

地図

 
 
 
 

街の様子

 

f:id:trainrando:20190723001030j:plain


バラナシの街を有名なのは。、ガンジス川とその川岸沿いでしょう。この川岸沿いをぶらぶら歩くと、いろんな光景が目に飛び込んできます。
多くの修行僧(サドゥーと呼ばれる人達)がたくさんいます。顔に白い化粧をして各々決めた修行をしていました。私が見たサドゥーは何日も断食したり、何日もひたすら拝んだり、と激しいサドゥーがたくさんいました。
川沿いや街中にも無数の牛。インド人は牛を神聖な動物とみなしているので、牛が好き勝手に至るところにいます。
沐浴をする人、そして川沿いで洗濯をしたり、川に飛び込み子供がいたり、中には、飲み水として飲んでいる人もいるそうです、そして各国から来ている大勢のバックパッカーを目にするでしょう。
 
 

ホテル 

たくさんのホテルやゲストハウスが混在しています。私は行き当たりばったりで、特に何の計画もせず、現地でホテルを予約しましたが、事前にホテル予約をしておいた方が、時間のロスにならず尚且つ安全かもしれません。

 

路地

 
旧市街の路地はインドらしいゴミゴミとした様子です。。食料やスパイスを売ったり。
雑貨や屋台まで、この路地裏にはなんでもあります。ジブリの世界、おとぎ話の世界、異国の空間、もう見る景色が凄すぎて全然あきません。買い物をするでもよし、写真を撮るもよし、屋台でお茶を飲むのもよし、その日を気ままに生きてみて下さい。
 
 
 

天気

夏と冬の気温差が大きいです。4月前半から10月までが夏です。4月から6月までが雨の少ない天気の酷暑期でバラナシの気温が一番高くなる季節です。特に5月が暑く最高気温は軽く40度を超え気温が46度になる日もあります。
出来るだけ酷暑の季節を避けることをおすすめします。気候のせいで現地でダウンという事にならないように注意して下さい。
 


バナラシでの注意点

 

1毎回値段交渉する

物を売りたくて巧みに声をかけてくる人、がいるので、ボラれないようにきちんと交渉しましょう。
 

2アルコール。

ここはインド人にとって聖地。アルコールは禁止です。中にはアルコールを出してくれるレストランもありますが、新聞紙などでくるんで、酒だと分からないように出してくれます。なのでもしお酒を飲むとしてもインド人の宗教的背景を理解して節度のある飲み方をした方がいいでしょう。
 

3 牛や牛の糞。

路地裏や道には牛が平気で歩いています。角がある大きな牛に私も突かれました。また糞が至るとことにあります。西洋人の女性が糞を踏んで(すいません😢狙った訳ではないですが、おやじギャグですみません)思いっきりコケてました。まるでバナナの皮状態。是非気をつけて下さい。
 
 

4飲料水

インドではよくお腹を壊します。特に屋台で出す水には気をつけて下さい。私もこの水を飲み、トイレに直行、半日死んでいました。ペットボトルで買える飲料水を選びましょう。そしてよく手洗いをすることをお勧めします。
インドでは体調を壊したりする人が多いです。是非事前に保険に加入しておきましょう。
海外旅行傷害保険付帯
 
 
 
 
 
 

夕日から夜

 
ガンガーと呼ばれる川岸には夕方からプージャの儀式をやっています。1日の感謝や、たくさんの人が見にきています。
プージャは一日の終わりを感謝する儀式で、ヒンドゥー教の僧侶たちが母なるガンガーに向かって礼拝を行います。とても幻想的な儀式として有名です。
 
 
 
 

おススメの食事

 

1カレー

 カレーの種類には以下のような物があります。豆)カレー
野菜系カレー、ほうれん草、じゃがいも系、カリフラワー、チーズ、チキン系カレーマトン系カレー
の種類豊富で美味しいですよ。
 

f:id:trainrando:20190723001955j:plain

2フライドライスといい、チャーハン、

 

3焼きそば、

 

4モモと言うチベットの餃子。

水餃子みたいな感じです。(これは個人的に超おすすめです)

 

 

バナラシでの体験できる事

 
 

1 ガンジス川で沐浴

沐浴は汚いから嫌だと思う方も多いと思います。でも私はしました。宗教的儀式ではなく、経験の1つとしてしました。
ガンジス川に入った瞬間、すごい冷たい。でも入ったら水の柔らかさえ感じました。
そして聞くところによると、ガンジス川にはカワイルカとよばれる種類のイルカも生息している。つまりイルカや魚が住めるレベルで綺麗なんです。
 
 

2 朝日、夕日を見る

f:id:trainrando:20190723002115j:plain

ガンジス川川から見える夕日、朝日は絶景。涙もんの感動があります。是非朝早く起きて、そして川沿いに沈む夕日をみて下さい。
 
 

3人生について考える

これはでかいです。日本にいるとどうしても便利で、日本で受けるサービスって当たり前です。でもここバナラシは、人間の全てが凝縮されています。生きるって?人間の本質って?人生の目標って?価値観って?このような漠然とした答えのないような疑問にヒントをくれる場所です。
 
 
 

最後に

このインドの旅がなければ、今の私はどうなっていただろう?と思う事も多々あります。インドと聞いて危険というイメージやボラれるかもというマイナスイメージが先行しがちですが、いけばその良さが分かります。そしてきちんと注意していれば、絶対危ないという事はありません。是非魅力あるインドを旅してみてください。